ライフスタイルでヘアケア

ライフスタイルでヘアケア

育毛、薄毛の悩み解消には、抜け毛を減らすこと、発毛すること、単に皮脂を取って頭皮を綺麗にすること、効果があると言われる育毛剤を使うこと等々、いろいろな対処法がいわれています。しかし、大事なのは、自分に合った育毛、薄毛の対策を選ぶことです。

女性の抜け毛の原因の一つに、牽引性脱毛症があります。これは、「引っ張られる」ことによって起こります。具体的には、ポニーテール・束髪など毛髪が継続して強く引っ張られ続けることで、その部分が薄くなる症状のことをいいます。頭皮マッサージなどで頭の血行を良くすることが主な治療法ですが、頭皮に負担をかけない髪形に変えるのも有効です。髪型よりも、育毛、薄毛への配慮行うわけです

女性の出産後にしばらく見られる症状の、分娩後脱毛症もあります。女性ホルモンの分泌バランスが悪くなることによって起こります。しばらくの間抜け毛が起こりますが、あまり深刻な脱毛とはなりません。産後しばらくすると自然に治ります。日常の育毛、薄毛には影響ないでしょう。

粃糠性脱毛症は、主にフケが原因で起こるとされる脱毛症です。フケの異常発生によりフケが毛穴につまり、炎症を起こすことで抜け毛へと発展します。髪にやさしい弱めのシャンプーで洗うことで毛穴をきれいにして、マッサージなどで頭皮の血行を良くすることで治療できます。

育毛、薄毛への対策として、まず、髪に負担をかけないことと、適切なヘアケアが大事なわけです。ライフスタイルでも、ストレスの解消やバランスの良い食事を取ることが育毛、薄毛対策の第一です。