かゆみ・皮脂も薄毛の原因

かゆみ・皮脂も薄毛の原因

育毛、薄毛に関わることとして、フケ、かゆみの悩みを持つ人も結構います。いくら髪を洗っても、フケ、かゆみがとまらない、と悩む人もいるでしょう。

育毛、薄毛のケア・対処法として、頭皮の汚れをとり、頭皮環境を整えることができるシャンプーの使用と、正しいシャンプー方法を身につけることです。かゆみがとまらない場合、使っているシャンプーを変えてみましょう。低価格のものでなく、薬用の、質のよいシャンプーに変えてみるべきでしょう。それでもとまらない場合、皮膚病の可能性もあるので、専門医に見てもらう必要もあります。

また、フケの原因となる菌は、皮脂を栄養分として繁殖します。このため、毛穴につまった皮脂を取り除くことも大事です。このため、シャンプーの時は、ある程度力を入れ、しっかり皮脂を落とすことが必要です。

ただし、女性の場合は、こうした育毛、薄毛の認識に対し、注意することもあります。女性は、男性ほどは悪性の皮脂は多くありませんので、あまり過剰に皮脂を取り除くと、却って育毛、薄毛に対し、逆効果になることもあるのです。

皮脂が育毛、薄毛の元凶とされていますが、取りすぎると頭皮や毛の組織の老化を早めます。特に、アトピーや鼻炎などのあるアレルギー体質の人は、洗い方や回数を的確にしないと、悪化・進行するのです。

スタイリング、コンディショニングを第一にしたシャンプーよりも、育毛用の、レストル頭皮用シャンプーなどを使うのが良いでしょう。
皮脂に対する正しい認識も、育毛、薄毛の対策のポイントとなるのです。