育毛、薄毛の医療相談の注意点

育毛、薄毛の医療相談の注意点

育毛、薄毛の悩みは、最近ようやく医療の対象になってきました。育毛、薄毛の悩みは、これまでは医療の中でもやや軽視される傾向にありましたが、わが国だけでも育毛、薄毛に悩む人は1,250万人もいると言われています。

育毛、薄毛に関して、病院の外来で相談を考えた場合、注意することもあります。自由診療の薬(保険が適用されない薬)を用いた医療の場合、医療費全体が保険給付の対象とはなりません。このため、薬剤費だけでなく、診察、調剤、服薬指導などにかかる費用も含め、医療費全額を負担しなければいけません。なお、保険給付の対象にならない医療の場合、薬剤費を含む各種費用の料金は医療機関・調剤薬局ごとに設定されます。

育毛、薄毛に関して医療面で治療を行う場合、個人によってそれぞれ違うので、すぐ効果がでてくる人もいれば徐々に効いてくる方もいます。このため、最低でも6ヵ月から1年ぐらいを大まかな目安にすることです。また、メンタルの部分でも親身に相談に乗ってくれるところを選ぶべきでしょう。

医療面で治療すれば、育毛、薄毛の悩みは即解消するというものではありません。しかし、食事や頭皮ケアなどの生活改善に加えて、医薬品投与と医学的アドバイスによって発毛するケースは増えています。