メソセラピーで薄毛対策

メソセラピーで薄毛対策

日本では一般に、メソセラピーは美容外科の先端的治療法として注目を集めています。メソセラピーとは、 「切らない」「メスを使わない」「痛みがほとんどない」医療法のことです。
育毛、薄毛の治療でも、このメソセラピーを応用するところが増えています。治療部位に直接、有効成分を少量ずつ注射注入する療法のため、痛みをほとんど伴うことなく、身体の各部位のピンポイントによる改善ができる上、副作用も少ないという特徴があります。
育毛、薄毛でも、特にAGA(男性型脱毛症)の治療に効果的です。

育毛、薄毛に対しては、プロペシアとミノキシジルを頭皮に直接浸透させることが可能で、医師が適応の範囲に薬を直接注入するので高い効果が得られます。

美容整形のメソセラピーと同じように、細い針で頭皮に注射していきますので、それほど痛みはありません。また当然ながら育毛、薄毛のメソセラピーは、医師による医療行為として行われますので安心して受けることができます。

育毛、薄毛に対するメソセラピーの施術は、間隔をあけて3ヶ月〜半年の間受けていきます。早い人は数ヶ月で効果を感じるようです。ただし当然ながら育毛、薄毛に対するメソセラピーは、医師による医療行為として行われますので、興味のある方は施術を行っているクリニックで相談してみるといいでしょう。